ワインの価格はどう決まる?価格と価値の関係
出典 : sama_ja:/ Shutterstock.com

ワインの価格はどう決まる?価格と価値の関係

  • 更新日:

ワインの価値を決める要素を知る

ワインショップにワインを選びに行くと、1000円未満のお手頃なワインから、数万円以上する高級ワインまで、様々なラインナップがあることがわかります。それでは、ワインの価格はなぜここまで差があるのでしょうか? また、高いワインほどおいしいのでしょうか? 

実は、ワインの価格は、格付けや作り手の知名度、ヴィンテージ、人気、希少性などといったいくつかの要因によって決まっています。つまり、高級ワインとお手頃なワインで、その値段と味が正比例するとは限らないのです。ワインの価格は付加価値によって変わるもの。値段だけにとらわれすぎない方が、本当に自分好みのワインと出会えるかもしれません。

ワインの価格を左右する格付け(等級)とは

ワインの価値を図る指標のひとつとして「格付け」があります。これは、ワインの品質を確保するために各国が定めている「ワイン法」に基づいたワインの等級です。この等級が高いワインほど、品質が高いことを示しているのが一般的。「ワイン法」には国が定めているもの、ブルゴーニュなど畑に対して格付けが決められているもの、ボルドーなど、銘柄について格付けが決められているものもあります。

ちなみに、格付けが高いものほどワインの価格は高くなりますが、格付けが高いほどおいしいとは言い切れないのが実際のところ。味に関しては、ヴィンテージや作り手などによっても大きく左右されるため、専門知識がないと味は栓を抜いてみないと判断しにくいのです。格付けはあくまでワインを判断するひとつの目安と考えておくとよいかもしれません。

Massimo Santi/ Shutterstock.com

高級ワインの魅力を知ろう

フランスワインの中でも比較的高価格なのが、ブルゴーニュです。ブルゴーニュワインの安いものは酸味が強かったり、味が薄めに感じたり期待通りにならないケースもありますが、信頼できるお店で5000円以上で販売されているものであれば、おいしいワインに出会える確率が上がるでしょう。

ちなみにワインの中には、一生に一度飲めればラッキーという、超高級ワインが存在します。その代表格といえるのが、世界中からその名を知られた「ロマネコンティ」です。これはブルゴーニュ地方のヴォーヌ・ロマネ村にある約1.8ヘクタールのブドウ畑で生まれるワインで、年間6000本ほどしか生産されないワインを世界中で争奪している状態です。2000年ほど続く伝統的な醸造手法を守っており、その希少な味わいで長く愛されている、世界のワインファン垂涎のワインゆえ、値段が高くなってしまいます。

ロマネコンティまではいかなくても、たまにはちょっとがんばって、5000円や1万円以上のワインを味わってみるのもたのしいものです。高級ワインで失敗しないためにも、普段からお手頃なワインばかりに偏らず、たまには背伸びをした価格のワインを味わってみることも大切。高めのワインを購入するときは、信頼できるワインショップの店員やレストランのソムリエなどに、素直に相談してみるのがおすすめです。

kaband/ Shutterstock.com

関連情報