飲みやすいカクテルでワインをもっと気軽に楽しもう
出典 : LiliGraphie

飲みやすいカクテルでワインをもっと気軽に楽しもう

  • 更新日:

ワインを使ったカクテルの魅力とは

そのまま飲んでもおいしいワインですが、カクテルにしていただくのもまたオツなもの。ワインを使ったカクテルは彩りも鮮やかで、アルコール度数もそこまで高くないため、食前酒などとしても気軽にたのしむことができます。フルーツとの相性も良いので、フルーツジュースと合わせたり、フルーツそのものを合わせてみたりと、バリエーションも様々。華やかなワインのカクテルは、食卓をパッと明るくしてくれることで人気です。

レストランやバーでいただくのもよいですが、家で余ったワインがあったら、自分でカクテルを作ってみるのもおすすめ。自分好みのカクテルが見つかれば、ワインのたのしみ方がもっと広がりますよ。

後味すっきり!白ワインを使ったカクテル

ワインを使ったカクテルにはさまざまな種類があります。その中の代表的なものを、いくつか紹介しましょう。

まず、白ワインを使ったカクテルのなかで食前酒として人気なのが、キールです。キールは黒すぐりのリキュール、クレーム ド カシスと辛口白ワインを合わせたカクテル。爽やかな飲み口と美しいルビー色が魅力で、世界的に有名です。本格的につくるなら、おすすめのクレーム ド カシスは、「ドメーヌ・サトネイ・クレーム・ド・カシス」。100%ドメーヌ産のカシスのみを使用したリキュールはリッチで深い味わいです。

ちなみにキールロワイヤルとは、キールにシャンパンを加えたカクテルのこと。本来は、本物のシャンパーニュを使ったものだけが「キールロワイヤル」と呼ばれます。

また、暑い夏に人気のスプリッツァーも、白ワインを使ったカクテルの1つ。その作り方はシンプルで、氷を入れたグラスに白ワインと炭酸水を注ぐだけ。あとはレモンやライムなどの柑橘系フルーツを絞れば出来上がりです。

このほか、白ワインとオレンジジュースを合わせたワインクーラーも、飲みやすさと色の美しさで女性に人気。このカクテルは赤ワインやロゼワインでも作れますが、よりスッキリした味わいをたのしみたいなら、ぜひ白ワインベースをお試しあれ。

Ash Pollard/ Shutterstock.com

色鮮やかな赤ワインを使ったカクテル

赤ワインを使ったカクテルにもいろいろな種類がありますが、なかでも家で簡単に作ることができるのが、レモンジュースと赤ワインを合わせて作るアメリカン・レモネードというカクテルです。作り方は、レモンジュースと氷、ガムシロップを入れたグラスに、赤ワインをそっと注いでフロートさせるだけ。2色に分かれた色のグラデーションが美しく、見ているだけでもわくわくするカクテルです。

また、白ワインのカクテルとして紹介したキールは、ワインの種類を赤ワインに変えると、カーディナルというカクテルに変身します。こちらも赤ワインとクレーム ド カシスを合わせてステアするだけなので、自宅でも簡単にトライできます。

petereleven/ Shutterstock.com

関連情報