絶大な人気を誇るブドウ界の女王ピノ・ノワール
出典 : Andrew Hagen

絶大な人気を誇るブドウ界の女王ピノ・ノワール

  • 更新日:

ブルゴーニュの最高級ワインを造るピノ・ノワール

世界で最も有名で高価なワインと言われる、あのロマネコンティを生み出すピノ・ノワール。ブルゴーニュを代表する赤ワイン用のブドウ品種です。ピノ・ノワールの歴史は非常に古く、小粒の果実がぎっしり付いた小さめの房がマツカサの形に似ていることから、松材を意味するピノ(松はフランス語でpin)の名が付いたとされています。

果皮が薄いため、栽培は難しく、栽培家からは「気難しいブドウ」などと呼ばれますが、その分わずかな気候や土壌の違いを繊細に映し出した、希少価値の高いワインが生まれます。他の品種とブレンドされず、単一品種で仕上げられることがほとんどです。

カベルネ・ソーヴィニヨンと対照的な味わい

ピノ・ノワールから作られるブルゴーニュワイン、カベルネ・ソーヴィニヨンから作られるボルドーワインはフランスの赤ワインの双璧をなす存在ですが、その味わいは対照的です。

カベルネ・ソーヴィニヨンは皮が厚く、この品種から造られるワインは一般的に濃い色合いでタンニンを多く含み、スパイスを感じさせる骨格のしっかりした芳醇な味わいが魅力です。

一方、ピノ・ノワールは皮の色が薄いため、ワインの色は淡いルビーレッドで輝度が高め。タンニンは控えめで、柔らかで豊かな果実味が長く続きます。若いうちはフレッシュなベリーを感じさせますが、熟成するとシルキーで溶けるような舌触りと複雑な芳香が増し、優雅で洗練された気品が漂います。どちらも長期熟成することにより、香りや味わいの変化がたのしめます。

近年、日本でもなかなか素晴らしいピノ・ノワールの赤ワインを造るワイナリーが現れてきました。今後がたのしみです

jazz3311 / Shutterstock.com

ピノ・ノワールから突然変異で誕生したピノ種も

ピノ・ノワールのノワールとはフランス語で黒を意味し、その名の通り皮の色の濃い赤ワイン用のブドウですが、ピノ種には他にもいくつか品種があります。これらはピノ・ノワールから突然変異で生まれた品種で、ピノ・ブランやピノ・グリなど、白ワイン用に使われるブドウです。

ピノ・グリは、果皮の色はピンクや灰色を帯びた紫など、通常の白ワイン用ブドウと比べて濃いめで、できあがる白ワインも比較的濃い色味、コクのある味わいとなります。イタリアではピノ・グリージョと呼ばれ、しっかりとした味わいの料理によく合うと人気です。

ピノ・ブランは、アルザスやイタリアでは発泡ワインの原料としても知られ、イタリアではピノ・ビアンコと呼ばれています。白い花を思わせるフルーティな香りが特徴で、白いリンゴやハーブ、柑橘系のさわやかな香りと、強い酸味、適度な苦みなどがあり、かなりコクのあるワインになります。

HUANG Zheng / Shutterstock.com

関連情報