初心者が一度にたくさんのワインを学ぶ近道は?
出典 : Africa Studio

初心者が一度にたくさんのワインを学ぶ近道は?

  • 更新日:

ワインの世界が広がるイベントやフェスに行ってみよう

秋はブドウの収穫シーズン。特に10月、11月には全国各地でワイン祭りなどのイベントが目白押しです。

日本有数のぶどうの産地である山梨県の勝沼では、毎年ぶどうの収穫時期に「甲州市かつぬまぶどうまつり」(http://www.koshu-kankou.jp/ai1ec_event/64thkatsunumabudoumatsuri?instance_id)が行われ、たくさんの人でにぎわいます。

都内で気軽に楽しむなら、「神田・日本橋ワイン祭り」(http://kandawine.com/)はいかが。神田・日本橋エリアの参加店舗のワイン&料理をめぐる人気イベントで、毎年1000人以上が参加しています。

その他、ワイン輸入業者やワイン販売店主催の試飲イベントも都内を中心に多数開催されています。全国のワインイベント情報を発信する「LOVE WINE」(https://love-wine.jp/wineevent/)などのサイトを参考に、参加しやすいものにチャレンジしてみましょう。たくさんのワインを飲み比べて、ぜひお気に入りを見つけて。

試飲がたのしい! 国産ワイナリー巡り

山梨県の勝沼や甲州、北海道の十勝などで、年々注目を集める日本ワインを巡ってみるのはいかが。大手ワインメーカーから家族経営の小さなワイナリーまで、実は日本全国に200以上のワイナリーが存在しています。そんなワイナリーの中には、見学者を受け入れ、試飲ができるところも。

日本で最初のワイナリー「メルシャン勝沼ワイナリー」(http://www.chateaumercian.com/)をはじめ、「サントリー登美の丘ワイナリー」(http://www.suntory.co.jp/factory/tominooka/)、「勝沼・グレイスワイナリー(中央葡萄酒)」(http://www.grace-wine.com/our_winery/katunuma/index.html)など、有名ワイナリーが集まる山梨では、ワインバスやワインタクシーを使ってワイナリーを巡るツアーも人気です。

繁忙期や家族経営の小さなワイナリーの場合は、見学ができないこともありますので、訪れる際は以下のワイナリーマップなども参考に事前に確認してから出かけましょう。

◆「LOVE WINE」日本ワイナリーマップ
https://love-wine.jp/wineevent/japan-winery/

Takashi Images / Shutterstock.com

実は初心者にもおすすめ!ソムリエ協会のワイン検定

ワインに関する知識を深めたいなら、ワイン検定を受けてみるのも手です。

一般社団法人日本ソムリエ協会が主催する「J.S.A.ワイン検定」は全国各地で受検可能で、入門編の「ブロンズクラス」、ブロンズクラス認定者対象の「シルバークラス」の2種類があります。

ブロンズクラスは、ご家庭でワインライフを楽しみたい方や、ワインに興味がある方のための入門的な位置付けで、当日90分の講習会で要点を学んでから、検定試験が行われます。問題はテキストより出題され、ワインテイスティングはありません。

シルバークラスは、レストランでソムリエに相談したり、ワインショップでワインアドバイザーからアドバイスをもらいながら、好みのワインを選んでいくための知識を習得する検定試験です。どちらも20歳以上の方なら誰でも受検できます。合格すると認定カードときき酒に使うタスト・ヴァンをかたどった認定バッジなどがもらえます。

◆日本ソムリエ協会 
https://www.winekentei.com/about/

nd3000 / Shutterstock.com

関連情報