「山廃仕込み」ってどんな日本酒なの?
出典 : bonchan

「山廃仕込み」ってどんな日本酒なの?

  • 更新日:

生酛造りが派生して誕生した山廃造り

日本酒造りにおいて、アルコール発酵を促す酒母造りは重要な工程のひとつ。昔ながらの手法で、自然界に存在する乳酸菌を取り込んで生酸させ、手間と時間をかけて酒母を培養する造り方のことを生酛(きもと)造りと呼びます。この方法では酒母造りには約1か月かかりますが、その分強健な酵母が育ち、旨味や酸の乗った酒質を生みやすくなります。その工程中には、米を櫂棒ですりつぶす「山卸し(やまおろし)」という作業があります。その作業を廃止して造る手法が山卸し廃止、つまり山廃です。山卸し作業をしなくても、代わりに「水麹」を投入すれば酒母を育成できるとされました。明治末期に誕生した方法です。

蔵人泣かせだった山卸し作業とは?

山卸しとは、生酛の酒母造りの過程で、蒸し米と米麹と水を「半切り桶」といういくつかの浅い桶に分けて仕込み、15~20時間後に水分を吸って膨張した米を、櫂でていねいにすりつぶす作業です。これにより麹の酵素の作用でデンプンが糖化するのをさらに促すのです。桶1枚あたり15分程度で行い、その後3時間ごとに二番摺り、三番摺りを行います。厳寒の深夜から早朝に作業することが多く、根気のいる重労働でした。

山卸しにする方法や程度については特に規定はなく、現在では、伝統的な櫂を使って手作業で行うところは少数で、専用の長靴で踏んだり、電動プロペラで攪拌するなど、それぞれの方法で行っているそうです。

Phuong D. Nguyen / Shutterstock.com

生酛仕込みと山廃仕込みで味わいはどう違う?

山卸しと同じ効果が得られると誕生した山廃ですが、実際生酛仕込みと山廃仕込みを飲み比べてみると、それぞれに共通した特徴があり、両者に違いがあることを指摘する人は少なくありません。

山卸しを行うことで微生物にとって独特の環境が生まれるはずなので、違いがあるのは当然ともいえます。そのため、今も生酛の伝統を守り続ける酒蔵や、生酛と山廃の両方を造り続ける杜氏もいます。

ちなみに現在、生酛系酵母を用いず速醸酒母と呼ばれるあらかじめ乳酸菌を添加した酒母を使う割合は全体の約90%、山廃が約9%、生酛が約1%と言われています。生酛仕込みがいかに手間がかかるかを物語っていますね。

生酛や山廃酛仕込みの日本酒は、豊かで複雑味のある香りと、味わいに仕上がり、燗にするとさらにその深い味わいが際立ちます。生酛造り、山廃造りのお酒を意識して味わってみましょう!

hilight / Shutterstock.com

関連情報