まろやかな風味と香りにファン多数! そば焼酎の魅力

まろやかな風味と香りにファン多数! そば焼酎の魅力

  • 更新日:

そば焼酎の誕生

そば焼酎は、1973年、五ヶ瀬地方山間部の特産品であるそばを原料に宮崎県の雲海酒造が「そば焼酎雲海」として販売したのが始まりです。クセのない飲みやすさとほのかなそばの香りが、全国的に人気となりました。

宮崎県以外には、長野県や北海道などでそば焼酎の製造が盛んですが、そばの主要産地の中でも特に長野県は佐久市を中心にそば焼酎に力を入れている蔵元が多数あります。

佐久は浅間山系の伏流水に恵まれている酒どころ。日本酒の蔵元によるきめ細やかな技術を活かしたそば焼酎がたくさんあります。

そば焼酎の製造方法

そば焼酎の製造過程では、そばの実は熱処理して外皮を完全に取り除いた後、そのまま仕込みに使ったり、荒く割ったり、粉にしたりと様々な使われ方をしますが、実はそばは他の焼酎の原料に比べて発酵力が弱いため、かなり扱いずらい素材です。そのため、米や麦などと掛け合わせて造られることが多くなっています。

そばを限界まで増やし米や麦を掛け合わせ、香り高いそば焼酎を造ることは、蔵元の腕の見せ所。そのバリエーションの豊富さが、蔵元の個性を浮き上がらせ、そば焼酎ファンを増やすひとつの要因にもなっています。さらに近年、宝酒造からそば100%を使ったそば焼酎も販売されて話題になり、ますます愛飲家を増やしています。

焼酎は、水やお湯、ソーダなどで割って飲むのが一般的ですが、そば湯で割って飲むのがそば焼酎ならでは。どちらもそばの香りが立ち上り、より一層おいしさが引き立ちます。

Nopphadon Jantranapaporn/ Shutterstock.com

人気そば焼酎いろいろ

初めて、そば焼酎を造り世に発表したのは雲海酒造ですが、このほかにも、人気のそば焼酎がいろいろ。

ここではおもなそば焼酎を紹介します。


◆そば焼酎雲海/
雲海酒造が造ったそば焼酎第一号。「雲海」という名前は、仙境・高千穂の足もとから一面に沸き立つ雲の壮大な眺めにちなんだ銘柄です。
http://www.unkai.co.jp/index.php

◆信州そば焼酎 天山戸隠/
長野県佐久市の芙蓉酒造が造った本格焼酎。全国酒類コンクールそば焼酎部門で2010~2013年連続優勝。そばのほのかな甘い香りとやわらかな味わいが特徴です。
http://www.fuyou.org/index.html

◆そば焼酎十割/
宝酒造が独自のそば麹により、そば原料のみで造った“そば全量”のそば焼酎。そば麹を作る技術には特許も取得しています(特許4371408号)。そば本来の爽やかな香りとおだやかな甘味がたのしめます。
http://www.takarashuzo.co.jp/kodawarigura/towari/

次に焼酎を飲む機会があったら、そば焼酎のお湯りをぜひ試してみてください。

jazz3311/ Shutterstock.com

関連情報