焼酎が透明とは限らない! 実はあった、琥珀色の樽焼酎

焼酎が透明とは限らない! 実はあった、琥珀色の樽焼酎

  • 更新日:

焼酎の色には規定がある!

無色透明な液体が一般的に知られている焼酎の色。しかし、中にはほんのり琥珀色をした焼酎もあります。樽貯蔵された古酒がそれです。しかし、ウイスキーやブランデーのような濃い色ではなく淡い色。ウイスキーのような光沢のある琥珀色の焼酎を見ることはありません。

実は、焼酎には「色」の規定があるのです。酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達に、「光電光度計を用いて430ナノメートル及び480ナノメートルの吸光度をそれぞれ測定し、その着色度合がいずれも0.080以下」と定められています。ちなみに、一般的なウイスキーの着色度は0.4~0.8程度です。こういわれてもなんのことやらわかりませんよね。要は、「焼酎の着色度(色の濃さ)は、ウイスキーやブランデーの5分の1から10分の1以下の値にしなければならない」ということ。いったい、これはどういうことなのでしょうか?

ウイスキーやブランデーの色は、樽貯蔵によって色が着いていきます。焼酎の「樽貯蔵」も樽で長期保存されるため同じように色が着きます。

旧酒税法当時の低い税率のときは、樽で熟成するような付加価値は認められない、という考え方があったと推測されます。旧酒税法では、ウイスキーやブランデーより税率が低かった焼酎ですが、平成に入って改訂された酒税法では焼酎の税率がどんどん上昇。ウイスキーやブランデーと変わらない酒税が課せられています。

樽で熟成すればするほど、色は濃くなります。そのため、着色度が基準値を超えた場合はろ過して脱色したり、ほかの焼酎とブレンドして薄めて基準値を守っているのです。

酒の琥珀色はどうしてできるのか?

ウイスキーやブランデーの魅力的な琥珀色はどのように生まれるのでしょうか? ウイスキーやブランデーの色は、貯蔵に使われるホワイトオークなどを使用した樽材から抽出される成分に由来します。

樽材の色が酒に移るのは、樽材から出るタンニンなどの成分がアルコールに溶出することによるもの。貯蔵年数とともに、酒の中のタンニンなどの成分の割合も上昇していき、色も濃くなっていきます。

焼酎も色の規制がなければ、あの美しい琥珀色の熟成された味をたのしむことができたかもしれません。

Razoomanet/ Shutterstock.com

樽貯蔵の焼酎とはどんなもの?

ストレートやロックはもちろん、お湯や水、ソーダ、果汁で割ることのできる焼酎は、アルコールの苦手な人も比較的飲みやすい酒といえます。

そのイメージを変えるのが、樽貯蔵された焼酎。熟成された味わいは、長期貯蔵されたウイスキーやブランデーのような高級感があります。樽貯蔵の先駆けは、宮崎県の黒木本店の「百年の孤独」や鹿児島県の薩摩酒造の「神の河」です。

「百年の孤独」は、九州産の大麦を使用しホワイトオーク樽で熟成。一時は品切れが続出したほど人気の樽貯蔵焼酎です。

「神の河」は二条大麦を使用し、ホワイトオーク樽で熟成しています。まろやかな味わいにファンの多い焼酎です。

機会があれば、普段飲む焼酎とは少し違った芳醇な味と香り、樽焼酎ならではの色をたのしんでみてください。

Adam J Horwitz/ Shutterstock.com

関連情報