世界初!清酒酵母で醸造したフランスワイン

世界初!清酒酵母で醸造したフランスワイン

  • 更新日:

シャルドネ×酵母で和食にも合う繊細な味わい

近年、日本酒は品質の向上によって国内のみならず海外でも人気が高まっています。そんな日本酒の良さを取り入れたワインが清酒酵母を使って醸造した世界初のワイン「ルヴュー No.9(ルヴュー・ニュメロ・ヌッフ)」です。

「ルヴュー No.9」には、数々の清酒品評会で金賞を獲得してきた「きょうかい9号酵母」(清酒用乾燥酵母901号)と、ブルゴーニュの名立たる有名メゾンからも注目を集めている、南フランス・リムーの高地で育ったシャルドネ種を使用。醸造はピュリニー・モンラッシェやシャブリで経験を積んだ、女性醸造家のアメリー・フェヴレ氏が担当しています。

グラスに注ぐと上質な日本酒のようなほのかな吟醸香に、洋梨や柑橘系フルーツの香りがミネラル感とスパイス程度の若干の樽香とあいまって、心躍る魅惑的なアロマが広がります。女性醸造家ならではの繊細で優しい口当たりのワインです。

今までにないシャルドネ×清酒酵母のワインは、洋食はもとより、刺身や寿司、天ぷら、おでん、焼き鳥、漬物など、あらゆる日本の料理ともベストマッチ。他にはない新たなうまみを持つワインをぜひ試してみたいですね。

商品情報

「ルヴュー No.9 」
内容量:750ml
原産国:フランス
価格:1,500円(税別)
販売開始日:2017年7月10日(月)

関連情報