新聞社と名門ブルワリーがコラボしたクラフトビール

新聞社と名門ブルワリーがコラボしたクラフトビール

  • 更新日:

取材の縁から生まれたホップが香る辛口ビール

新聞社と名門ブルワリーという異色のコラボレーションが実現しました。コラボレーションを行ったのは、産経新聞社の関連会社・産経デジタルと、国内外のビアコンテストで数々の受賞歴を誇るブルワリー「伊勢角屋麦酒」。「産経辛口麦酒」は、産経デジタルが運営する経済情報サイト「SankeiBiz」の酒豪を自称する女性記者が商品企画から挑戦し、誕生した辛口のビールです。

商品開発のきっかけは、SankeiBizの女性記者が、「ビール界のオスカー」と称される国際ビール審査会の一つ、「IBA(The International Brewing Awards)」で金賞を受賞したブルワリー「伊勢角屋麦酒」を取材した際、社長の鈴木成宗氏からビール造りを勧められたことから。ブルワーの協力を得ながら、商品企画から仕込み、瓶詰めも体験し、極上の飲み口に仕上げました。

特長は、ホップをふんだんに使ったことによるガツンときいた苦味、グラスに顔を近づけただけでわかる柑橘系の香り、強い炭酸による辛口とスッキリとした喉ごし。完成までの道のりと「伊勢角屋麦酒」の紹介記事は、産経ニュース(http://www.sankei.com/)とSankeiBiz(http://www.sankeibiz.jp/)に掲載されています。取材の縁から生まれた異色のコラボレーション。開発秘話を読みながらビールをじっくりと味わいたいですね。

商品情報

産経辛口麦酒 ※数量限定
容量:330ml
原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
アルコール分:5.5%
価格:1箱3本入り/2,484円、1箱6本入り/4,860円(ともに税込・送料込)
販売店:産経ネットショップ(http://sankeishop.jp/

関連情報