原料のブドウを知ればワインの味が想像できる?!

原料のブドウを知ればワインの味が想像できる?!

  • 更新日:

ワイン用と生食用はブドウの種類が違う!

ご存じのとおり、ワインの原材料はブドウです。しかし、私たちが普段食べているブドウと、ワインの原料になるブドウは違うということをご存知でしょうか?
ブドウには大きく分けてアメリカ系のブドウとヨーロッパ系のブドウの2種類があり、ワインに用いられているのはほとんどがヨーロッパ系です。ヨーロッパ系のブドウの種類は1000を超えるといわれ、実は世界のブドウ生産量のうち8割はこのヨーロッパ系が占めているのです。

ちなみに生食用のブドウは粒が大きく、酸味が少ないのが特徴ですが、ワインに適しているブドウの条件は粒が小さく、皮が厚いこと。さまざまな産地でそれぞれの土壌に合ったワイン用のブドウが作られています。同じ品種のブドウでも、その土地の日照時間や降水量、気温などの条件によって、ポリフェノールやアミノ酸、糖度などの成分量が変わり、できるワインの味わいも大きく変わります。また、ブドウの新鮮度合いもワインの味わいに大きな影響を与える要因の1つとなります。

ブドウの違いが分かればワインがもっと面白くなる!

種類豊富なワイン用のブドウですが、そのうち代表的な品種は100種類ほどといわれており、それぞれの個性がワインの味わいに大きな影響を与えます。ブドウの品種ごとの個性を知っておくことは、ワインの味わいの違いを知るうえでとても大切。自分の好みのワインに使われているのがどんなブドウかを知っておけば、ワイン選びもぐんとたのしくなります。

赤ワイン用のブドウの味わいのポイントは、酸味と渋みです。原料となるブドウの種類によって、この2つの要素のバランスに個性が出ます。

一方白ワイン用のブドウは酸味と香りがポイントとなります。また、若いワインほどブドウの個性が強く現れ、熟成されたワインほど薄くなるのも特徴。初めてブドウの個性を学ぶなら、若いワインでその味わいの違いを確かめてみるのがおすすめです。

mythja /shutterstock.com

赤ワイン用のブドウは黒ブドウが基本

赤ワインに使われるブドウは、青黒い皮の黒ブドウ品種です。代表的なのは、世界中で栽培されているカベルネ・ソーヴィニヨン。豊富なタンニンを含んでおり、カシスやブラックベリーを思わせるスパイシーな香りが特徴。酸味と渋みのバランスが良く、力強い味わいを生み出します。このカベルネ・ソーヴィニヨンと並ぶのが、ピノ・ノワール。渋みはやや控え目で、香り高いワインが出来上がるのが特徴です。このほか、フルーティなメルロー、スパイシーな香りを放つシラーなども、赤ワイン用ブドウの代表格です。

Skumer/shutterstock.com

関連情報