ワインをおいしく熟成させる保存方法は?

ワインをおいしく熟成させる保存方法は?

  • 更新日:

ワイン保存に大切な3つの条件

瓶の中でもゆっくりと熟成を続けるワイン。おいしく熟成させるためには、適切な保存環境が欠かせません。

ワインを劣化させないための条件はいくつかありますが、基本となるのは温度変化が少なく、日光や蛍光灯などの光の当たらない涼しい場所で保存すること。温度は12~15度の低温が適しています。加えて、乾燥した場所ではコルクが乾燥して縮むことで瓶に空気が入り、ワインを酸化させてしまうことになります。このため70~80%ほどの湿気があると理想的。そのうえで長期熟成タイプのワインは寝かせて保存するのが基本となります。ただしスクリューキャップのワインはこの限りではないので、立てて保存しても問題はありません。

また、開封したワインを飲み残してしまった場合は、小さなスクリューキャップの瓶に移し替えるなどして空気に触れる面積を少なくし、密封したうえで冷蔵庫へ。日が経つにつれて酸化が進んでしまいますので、できるかぎり早めに飲み切ってしまいましょう。

手軽にできる! 家庭での保存方法

次に、地下室やワインセラーのない家庭でワインをおいしく保存する方法を紹介します。

ワインを劣化させないために大切なのは、温度を一定に保つこと。また直射日光や蛍光灯の照明があたらないよう、瓶を新聞紙などでくるみ、発泡スチロールの箱に入れて保存しましょう。保存場所は、日が当たらず涼しい北側の押入れや、床下収納などがおすすめ。逆に熱がこもる台所や、洗濯機のそばは避けましょう。冷蔵庫は冷暗所ということでワイン保存の条件に合いそうに思えますが、開閉の振動がワインに悪影響を与えるうえ、湿度・温度共に低すぎるため、おすすめできません。

しかし、これらの対策を講じても、基本的に家庭でワインを長期保存するのはなかなか難しいもの。早めに飲んでしまうのが一番です。

eomgaa /shutterstock.com

理想的に保存するならワインセラーを用意

ヴィンテージワインなどを長期間保存したいという場合、やはりワインに適した温度、湿度を保つことができるワインセラーを用意するのが一番です。18本用など小型タイプのワインセラーも売られていますので、ワイン好きが高じたら手に入れてみても。

ヴィンテージワインをじっくり熟成させて飲みたいというこだわりがある人は、何年も好条件で熟成することができる性能の良いワインセラーがおすすめです。収納本数が多い本格的なものがあれば、より深くワインをたのしむことができるでしょう。

また、デイリーワインを気軽に楽しみたいという人なら、少ない収納本数のワインセラーでも事足ります。でも、小型ワインセラーを買った人の多くが、後になって「もっと大きなものにすればよかった!」と後悔するのも事実。想定よりも、少し大きめのワインセラーを用意することをおすすめします。

このほか、最近ではワイン専用のレンタルセラーなどもありますので、活用してみてもよいでしょう。

JM-Design/shutterstock.com

関連情報