日本酒を極めるための資格いろいろ

日本酒を極めるための資格いろいろ

  • 更新日:

最もポピュラーな日本酒のソムリエ「唎酒師」

日本酒をもっと学びたいという人のために、さまざまな資格が存在しています。

中でももっとも有名なのが、ワインでいうソムリエにあたる「唎酒師(ききさけし)」でしょう。「唎酒師」は、飲む人の好みに合わせてぴったりの日本酒と、そのたのしみ方を提供することを目的とした、日本酒のプロフェッショナルに与えられる資格。学ぶ内容は日本酒の原料から製造方法、歴史、テイスティング法から、セールスプロモーションまで多岐にわたり、知識だけでなく、味や香りを把握するテイスティング力も必要となります。このため飲食業や飲料小売店など一般の人に酒を提供するサービスに従事する人などが多く受験しているのが特徴です。

取得には通信コース、通学コースなどがあり、20歳以上であれば誰でも受験することができます。こちらの資格を主催しているのが、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)で、ほかにも多種多様なニーズに合わせて「酒匠」、「日本酒学講師」、「日本酒ナビゲーター」といった資格を認定しています。

テイスティングの専門家を目指す「酒匠」

テイスティングの専門家として「唎酒師」の上位資格に位置付けられるのが「酒匠(さかしょう)」という資格です。2日間の講習会では200を超えるサンプルを用い、原料や製法別のテイスティング、タイプ別のテイスティングなどを行い、高度なテイスティング技術の取得を目指します。

試験は、「唎酒師」レベルの知識が問われる一次試験のあと二次試験~四次試験までテイスティングに関する試験が行われます。合格すればみごとプロのテイスターとして認定され、活躍の場所もぐんと広がります。「唎酒師」からさらに上を目指したいという人が挑戦する、まさに日本酒の資格の最高峰といえるでしょう。

Payless Images /shutterstock.com

Payless Images /shutterstock.com

日本酒の魅力を伝えるプロフェッショナル「日本酒学講師」

酒類のセミナー講師を目指す人や、消費者に日本酒の魅力を伝えるノウハウを身に付けたい人におすすめの資格が「日本酒学講師」です。この資格を取得すれば、SSIが公認する「日本酒ナビゲーター」認定セミナーを主催し、自ら認定証を発行する権利を得られます。

1泊2日の講習では消費者に対する日本酒、焼酎の魅力の伝え方や、講義実践能力を身に着けることができるカリキュラムが組まれており、日本酒学講師としての知識と技術をしっかりと身に付けることができます。「日本酒の魅力をもっとたくさんの人に教えたい!」という人は、ぜひ挑戦してみてください。

Gritsana P/shutterstock.com

関連情報