アメリカ発祥のカクテルを日本風にアレンジ! この夏おすすめの「和風ミントジュレップ」

アメリカ発祥のカクテルを日本風にアレンジ! この夏おすすめの「和風ミントジュレップ」

  • 更新日:

バーボンの代わりに麦焼酎を使用した和風カクテル

爽やかな香りが心地よいミント。その香りを生かしたカクテルは、ぜひこれからの季節に味わっていただきたいですね。

アメリカ生まれの「ミントジュレップ」は、バーボンウィスキーをベースに、ミント、砂糖、水または炭酸水で作られるカクテル。バーボンの本場ケンタッキー州が発祥で、米国競馬の祭典「ケンタッキーダービー」のオフィシャルカクテルであることでも有名です。

このミントジュレップを日本風にアレンジした「和風ミントジュレップ」を、この夏スッキリと味わってみてはいかがでしょうか。

バーボンの代わりに麦焼酎を使用。グラスに焼酎を入れ、砂糖を小さじ1杯程度加えて撹拌します(砂糖の代わりにハチミツを使用すると、より味にコクが出ます)。そして、ミントを多めに入れ、少し潰して香りを出し、氷を加えて、水または炭酸水を入れて出来上がり。ミントの香りが爽やかで飲みやすいカクテルは、夏の夜にぴったりなドリンクに。

ちなみにミントを使ったカクテルといえば、一番に思い出されるのは「モヒート」ですが、キューバが発祥のモヒートは、ラムをベースにライムジュースが加えられています。お好みで「モヒート」を和風にアレンジするのもたのしめそうですね。

ライタープロフィール

阿部ちあき

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定 きき酒師 日本酒・焼酎ナビゲーター公認講師
全日本ソムリエ連盟認定 ワインコーディネーター

関連情報