今年も登場!「47都道府県の一番搾り」

今年も登場!「47都道府県の一番搾り」

  • 更新日:

ご当地の食文化に合わせた「一番搾り」で乾杯

夏といえばビール! 昨年も大好評だったキリンビールの「47都道府県の一番搾り」が、今年も発売され話題となっています。

「47都道府県の一番搾り」とは、“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、キリンビールがその都道府県に住む人たちと一緒になって、地域の魅力を発掘しながら開発した特別な「一番搾り」です。全国9か所にあるキリンビールの工場の醸造開発責任者と全国の支社長が、地域の食・文化・情報などに精通されている地域住民の皆さんと一緒に商品コンセプトやたのしみ方などを共創し開発しています。

2017年版の「47都道府県の一番搾り」では、地元の気質や風土に合わせた47種類の味覚設計を継続しつつ、より地域に親しみを持ってもらうため9工場所在県以外の商品名を「一番搾り ○○に乾杯」にブラッシュアップしました。

5月末までに18の地域の「一番搾り」が発売されていますが、6月6日(火)には栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の商品が新たに加わります。

たとえば群馬県版の「群馬に乾杯 一番搾り」ではしっかりした料理に負けないよう、豊かで力強い味わいと滑らかな泡、京都府版の「京都に乾杯 一番搾り」では四季折々の食に合うすっきりした飲み口の中にも華やかな香りとうまみが広がる上品な味わい、といったように、地域によって様々な味わいがたのしめるのが特徴です。

「47都道府県の一番搾り」の発売に合わせ、キリンビールでは様々なキャンペーンも展開。開発秘話やローカルCMものぞける特設サイトをぜひチェックしてみてくださいね。

【47都道府県の一番搾り 特設サイト】
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/ji/is17_47/