本当においしいビールの温度はひとつじゃない!

本当においしいビールの温度はひとつじゃない!

  • 更新日:

冷えているビールがおいしいとは限らない

冷たいジョッキに入ったキンキンに冷えたビールを、一気に喉に流し込む至福の瞬間! 喉の渇きと共に、今日一日の疲れが癒されていくようです。温かいものは温かいうちに、と料理でもいわれているように、ビールにもおいしく飲める最適な温度があります。「冷えたビールが一番おいしいのでしょう?」と思いがちですが、ビールによって適正温度が微妙に違うのです。

例えば、「ラガービールは冷やしたほうがおいしい」とされていますが、冷やし過ぎは禁物です。冷やし過ぎは、ビール本来の甘味や酸味などの旨味を失いがち。これは、口内が冷気で麻痺した状態になるためです。糖分いっぱいのアイスクリームを食べても甘味をあまり感じないのと同じです。また、冷やし過ぎは、ビールの成分の凝固や濁りの原因にもなります。一般的に、ラガービールは4~8度くらいが適温とされています。

Africa Studio/shutterstock.com

「ぬるめ」が適温なビールもある

香りを楽しむエールビールは、冷やし過ぎるとせっかくの香りが感じられなくなってしまうので、10度くらいが適温です。

世界各国の上面発酵(エール)ビールの中には、冷やし過ぎない温度で飲むものもたくさんあります。香りを楽しみ、独特の甘味と酸味、苦味のコラボレーションをじっくり味わうには、それぞれのビールの適温を知る必要があるのです。

Brent Hofacker/shutterstock.com

グラスの温度も重要ポイント

ビールの温度と同様、グラスの温度にもこだわりたいもの。冷やしたグラスで提供されるビールは、見た目にも涼やかでおいしさをそそります。でも、ビールに適温があるように、冷えたグラスではおいしさが伝わらないビールもあります。低い温度でたのしむラガービールでも飲む前に軽く冷やしておくくらいが、ビール本来の旨味を感じることができます。

冷凍庫で冷やしたグラスやジョッキは見た目も冷たそうに見えますが、注いだビールが凍ってしまったりして味わいが変わってしまうので、おすすめしません。グラスの形状によって、香りや泡立ちも違ってくるので、ビールにあったグラスをぜひ、選んでみてください。

Ververidis Vasilis/shutterstock.com

関連情報