日本酒初心者に贈る「失敗しない」たのしみ方

日本酒初心者に贈る「失敗しない」たのしみ方

  • 更新日:

初めてでもおいしい日本酒に出会える方法

日本酒のラベルにある「大吟醸」「特別純米酒」「本醸造」などの言葉。何だか難しそうなイメージがありますが、基本となる2つを押さえておけば、好みの日本酒に出会える確率がグンと上がります。
日本酒は大きく分けると「純米酒」と「純米酒以外」の2種類。「純米酒」とはその名の通り、お米と水と米麹だけを使ったもの。米本来の味わいや香りが楽しめる日本酒です。それに対して、「純米酒以外」は醸造アルコールを添加したもので、味のバランスが安定し、スッキリキレがある味わいになるということでポピュラーです。

次に押さえておきたいのが「精米歩合」です。酒造りでは、米の周りの余分なタンパク質などを取り除くため米を磨き(削り取り)ますが、元の玄米を100%として、削った残りの割合を精米歩合といいます。ざっくりいうと、精米歩合が70%以下のものを「本醸造」、60%以下のものを「吟醸」、50%以下を「大吟醸」といいます。純米か醸造アルコール添加かを縦軸に、精米歩合を横軸に考えると、複雑そうに見える日本酒の名称が少しひも解けてくるのではないでしょうか。

参考までに以下に日本酒の種類を上げておきます。
<日本酒の種類>
◆特定名称酒 ※原料、製法など一定基準を満たしたときに表示できる名称
「吟醸」の名称は、下記に加えて「吟醸造り、固有の香味、色沢が良好」という条件を満たした場合に使用可能に。
・純米大吟醸(米・米麹・精米歩合50%以下)
・大吟醸(米・米麹・醸造アルコール・精米歩合50%以下)
・純米吟醸(米・米麹・精米歩合60%以下)
・吟醸(米・米麹・醸造アルコール・精米歩合60%以下)
・特別純米(米・米麹 60%以下または特別な製造方法)
・特別本醸造(米・米麹・醸造アルコール・精米歩合60%以下)
・純米(米・米麹)
・本醸造(米・米麹・醸造アルコール・精米歩合70%以下)
◆上記にあてはまらない日本酒
・普通酒

Shinari/shutterstock.com

初心者でもわかる!ラベルから知る日本酒の味

日本酒のラベルには、アルコール度数や原材料名(水以外)、精米歩合(特定名称酒の場合のみ)、製造者、原料米、特定名称などが記されます。まずは先ほどもふれた「精米歩合」。数字が低ければ低いほどたくさん削られており、雑味のないクリアな味になります。有名な「獺祭磨き二割三分」は精米歩合23%で、日本における精米の限界に挑戦したことで知られています。最近では精米歩合8%、7%という驚きのスペックの日本酒も登場しています。

次に注目したいのは「原材料名」です。一般的に酒米としてよく知られる「山田錦」は香り高く豊醇系、「五百万石」は淡麗で爽やか、「美山錦」は穏やかで優しい味わいとされています。
そのほか、ラベルに記されているものとしていくつかの指標があります。ラベルの意味がわかれば、味わいを想像するというたのしみが増えますね。

◆日本酒度
日本酒の「あまい」「からい」を規定しており、+(プラス)表示なら辛口、-(マイナス)表示なら甘口と考えていいでしょう。
◆酸度
1.6~1.8を基準として、酸度が高いほどキレとコクを感じ、低いと淡麗で穏やかに感じます。
◆アミノ酸度
1.0を基準に、味の濃淡をはかる目安になります。高いほどコクのある濃い味になり、少ないほど淡麗になるとされています。


andersphoto/shutterstock.com

好きな味や香りをみつける

日本酒の選び方がよくわからず、つい「辛口をください」と言ってしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、日本酒は甘口辛口だけでは語れない味わいの深さがあります。そこで、自分好みの日本酒を選ぶ指標として、「味わい」と「香り」という軸を増やしてみましょう。「香り」の指標は穏やか、から華やかへ、「味わい」はスッキリ、から濃醇へ。それぞれの強弱をイメージすると選びやすくなります。

◆華やか×濃醇
熟した果実など複雑な香りがあり、味わいはどっしりと重く凝縮感があります。「純米吟醸生酒」などがそのタイプです。
◆華やか×スッキリ
フルーティーな吟醸香があり、磨かれたクリアな味わいの「大吟醸酒」「吟醸酒」がおすすめ。
◆穏やか×濃醇
香りは強くなく、コクと落ち着きがあり、米の旨味を感じる「純米酒」「純米吟醸酒」が当てはまります。
◆穏やか×スッキリ
軽快でなめらか。新鮮でフレッシュな味わいが特徴。「淡麗辛口」「本醸造酒」「スッキリ系新酒」などがいいでしょう。

Shinari/shutterstock.com

冷酒やロックですっきり楽しむ

香りの高さやフレッシュさを味わえる飲み方「冷酒」は、きれいに磨かれた繊細な味わいのお酒にぴったり。華やかでフルーティーさを感じさせる大吟醸や吟醸酒、しぼりたての生酒や発泡タイプのにごり酒などが向いています。冷蔵庫で5~8度くらいに冷やしておきましょう。ちなみに、冷酒と間違えやすいのが「冷や」。「冷や」とは常温(室温と同じ)のことで、15~20度くらいが適温といわれています。

そのお酒本来の味が一番よく分かる飲み方といわれるのが「燗」。旨味や苦味、酸味とのバランスのよさを目的とした場合は、タイプにより40~45度前後が理想の温度になります。

味わいの濃い酒には、「オンザロック」という楽しみ方も。ロックグラスに大きめの氷を入れて、よく冷やした酒を注ぎましょう。氷が溶けだすとともに、濃密な味わいから軽やかな味わいに変わる様をゆったりたのしめます。

KPG_Payless/shutterstock.com

関連情報